商品コンセプトとあるべき姿、開発の“ヘソ”から構築

開発には、その開発の全体をつらぬく指針となるもの、すなわち「開発のヘソ」が必要です。

この“ヘソ”こそがお客様に対する提案力の中核であり、それが欠けるとすべての方向が見えなくなってしまいます。

商品コンセプトとあるべき姿とを明確にするコンセプトメイキングの段階で“ヘソ”が作れなければ、お客様に対する提案価値を生み出すことはできません。

では、どのように「開発のヘソ」を構築して商品コンセプトとあるべき姿を見える化すべきか、考えましょう。

 

1. お客様が教えてくれない、商品の付加価値額

前回のブログで、お客様から見た付加価値の値段について、

お客様満足価格(付加価値額) = お客様納得価格 - 購入価格

というお話をしました。

しかし、お客様は自身の納得価格などを企業に教えてくれませんし、納得価格を計算するなどという発想すらありません。

そう、お客様から見た商品の付加価値額は、お客様は教えてくれないのです。

したがって、企業は「開発のヘソ」を明確にして、その“ヘソ”の提案力を自社の値決めで自主的に表現せざるを得ません。

自主的な表現は、商品コンセプトとあるべき姿を明確にした上で初めて可能になります。

 

2. あるべき姿を描き開発の目標・目的を決める

開発の目標・目的とは、何を開発するのかの大枠を決めることです。目標・目的が決まらない限り何も始まりません。

(1)開発の目標・目的を決める「あるべき姿」

目標・目的が決まらなければ、開発の方向も決まりませんし市場調査や特許調査もできません。また、開発目標を漠然と決めても、その方向性を示すことはできません。
目標・目的はこれまでの製品の不便さとの対比の中で決まるものです。

(2)ニーズの系譜は市場目線から

ニーズの系譜となる「今までの構成・こんなに不便だった・不便に繋がる要因」は、市場で実際に問題にされているものをテーマにすべきで、市場目線が絶対です。市場目線は失敗の危険を最小限にとどめます。
ニーズの系譜があいまいなアイデアは、お客様を無視した独りよがりのものが多く、稼ぐ力など得られません。

(3)新商品のあるべき姿は機能中心

新商品のあるべき姿は、簡潔を旨とし、機能中心で箇条書きにすると、割り合い簡単にかけます。

 

3. 商品コンセプトのとらえ方

開発の目標・目的が決まったら、さらに開発すべき商品コンセプトを明確にしなければなりません。目標・目的とコンセプトとはクルマの両輪のようなもの。これで「開発のヘソ」が完成します。

(1)コンセプトメイキングは開発体系を示す鳥瞰図でありと簡潔を旨とする

このフォーマットは「開発のヘソ」を作り、この“ヘソ”から開発の体系を鳥瞰するのが目的です。ですから、記載内容は簡潔でなければなりません。もし詳細が必要なら、それは別紙に書くべきです。
一方で、簡潔に書けないような開発では、稼ぐ力のある商品を生み出すことはできません。簡潔性は絶対です。

(2)「商品提供者」と「感じてもらうこと」とは車の両輪

「商品提供者」と「感じてもらうこと」とは、商品コンセプトの中核になるもので最重要項目です。この2つが決まらない限りヘソなど作れません。
車の両輪なので、これら2つの間に軽重の差はありません。したがって、どちらを先に決めても良いものです。

(3)次に大切なのが「売り方」

売り方には、それこそいろいろな切り口があります。
① 流通形態
② サービス形態
③ 宣伝のやり方
④ 仕様書の作り方
⑤ etc.

(4)「技術的な重要課題」はザックリ

技術的な課題は、コンセプトメイキングの段階ではザックリ記載するのがコツです。技術的課題にこだわって詳細に書こうとすると、開発体系を鳥瞰できなくなります。詳細は別紙を使いながら時系列に記載すべきです。

 

4. あるべき姿と商品コンセプトのとらえ方は簡潔さに価値がある

あるべき姿も商品コンセプトも簡潔にまとめられるようにしてあります。簡潔であるがゆえに開発の全体を鳥瞰できます。しかし、簡潔がゆえにまとめるのに苦労します。

そこで大切なのは、開発のヘソとなるあるべき姿と商品コンセプトを簡潔にまとめるコンサルティングです。

 

次回の予告

次回の記事では、「商品コンセプト・あるべき姿を活用した、他社の特許権を侵害しない特許調査のやり方」について開発のステージごとに解説します。

開発のステージに応じた特許調査こそ、他社の特許権を侵害しない最も有効な対策になります。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 330現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録


嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP