ホースに目盛りをつけるだけで特許は取得できるのか

下の図のようにホースに目盛りをつけた場合、これが特許になるでしょうか。

ホームセンターなどで、例えばホースを購入する際、必要な長さを測ってカットしてもらうことってありますよね?

それぞれの目盛りを「ホースの長さを示す」に過ぎないものであると考えるなら、特許取得は難しことでしょう。

では、特許取得を可能にするには、どんな考え方・とらえ方をすれば良いのでしょうか?

 

答え:「販売量管理、在庫管理を容易にする」という視点を加える

この案件は、必要な長さが簡単に分かることに加えて、「販売総量と残量を一目で解るようにし、販売量管理、在庫管理を容易にする」という視点を加えることで、海外で特許を取得することができました。

目的と達成という視点で特許を取ったということですね。

「ホースに目盛りをつけただけ」などと、初めから決めつけてはいけません。

その目盛りがないと「どんな不便があった」のか、目盛りを付けることで「どんなメリットが生じた」のか、ということをじっくり考えることで、一見、単純な発明でも、特許取得ができるわけです。

このホースは、そのとてもいい例です。

発明はとらえ方次第で、特許になる!

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 124現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP