小野 次郎右衛門 忠明の考え方

江戸初期の剣豪で、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)と同じように幕府の剣術師範になった、小野 次郎右衛門 忠明のところには、非常に腕の立つ剣豪が弟子入りを志願してきたそうです。

その時の忠明と剣豪の会話について、以下のやり取りの逸話があります。

剣豪:拙者を弟子にしていただけたら、私は本気で修行いたします。本気で修行したら何年で免許皆伝になりますか?

忠明:貴殿のように腕立つ者は、5年で免許皆伝になるであろう!

剣豪:それでは、寝食を忘れて修行したら?

忠明:まず10年はかかるであろう!

剣豪:それでは命がけで修行したら?

忠明:一生かかっても免許皆伝はならないであろう!

ここで、忠明が言いたかったことがわかるでしょうか。

何事にもゆとりを持たなければいけないということです。

日本の様々な団体に残っている古い体質は、「寝食を忘れて没頭する」「命がけで頑張る」という表現を美徳とする傾向があり、特にスポーツや体育業界で問題として目立ち始めています。

また、会社でも「パワハラ問題」として企業体質・文化の見直しを図らなければならない状況が増えています。

どんなものでも、命まで懸けてはいけない……。命まで賭けると、それこそゆとりがなくなって、幅広い考え方ができなくなります。

師範になるほどの腕を持つ忠明が至った結論は、現代の人間科学と一致しているように思えます。

このことは、開発に携わっている技術者にも当てはまるでしょう。

何事も本気でやらなければなりませんが、ゆとりのない本気は、かえって自分をダメにするのです。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 43現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP