特許出願=発明! 知識を知恵に変える

発明者は特許出願をどのように考えていますか。
できれば特許出願にはかかわりたくないでしょうか。

しかし、特許出願は、技術者の発明を論理的に検証することにつながります。
発明が完成したというためには、製品化あるいは図面化しただけでは足りません。
最後に発明が検証されなければ、完成したとは言えません。

検証とは、発明を知恵にまで高める作業です。

例えば、世の中に素晴らしい発明がたくさんあります。
その中で、理屈は分からなかったけれど、「できちゃった」といわれるものもたくさんあります。

大発明でなくても、日常の世界で「できちゃった発明」はけっこうあります。

特許出願をしたいという発明者の中には、
発明の論理を聞いても、
説明できない人が少なくありません。

これなどは、「できちゃった発明」の最たるものです。

もし、「できちゃった発明」を検証しなければ、その発明は偶然ということになって、知恵として残りません。

特許出願をするときに、最も大切なことは、「自分は、この発明で本当にやりたかったことは何か」を明らかにすることです。

また、弁理士を含めて特許担当者は、それこそ発明の本質を追究します。
発明の本質とは、まさに、発明者が本当にやりたかったことです。
自分の発明を論理的に検証して、発明という貴重な体験を知恵にするのが、特許出願です。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 363現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP