ノウハウの作り方 「反省は必要だけど後悔は不要」

後悔とは、辞書によると、
「自分のしてしまったことを、後になって失敗であったと悔やむこと」
とあります。
失敗を後からどんなに悔やんでも、その失敗が消えることはありません。

消えることのない失敗を後悔を、何も生産的なことはありません。
生産的な意味がないなら、そんな後悔はしない方がよいと思います。

しかし、失敗を「反省」することは必要です。

反省は、過去の失敗を将来にいかすためにするものです。
失敗を反省し、それを将来に生かそうとすれば、そこには必ずノウハウが生まれます。

ノウハウは、失敗を重ねれば重ねるほど研ぎ澄まされていきます。
ノウハウを蓄積するために、失敗をしたら反省をしましょう。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 106現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能


 

嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP