ハッキリ分かっていることと、なんとなく分かっていること

人に何かを言われたとき、「そんなこと分かっていた」と言う人がいます。
でも、「ハッキリ」わかっていたのか「なんとなく」分かっていたのかによって、大きく違ってきます。

自分の中で、言葉に出せるほどハッキリわかっていることは、行動に移せます。

しかし、なんとなく分かっているけれど言葉にはできなかったことは、なかなか行動に移せません。
なぜなら、人は目的がはっきりしていないと行動に起せないからです。

目的をはっきりさせるためには、その目的を理解していなければなりません。
残念ながら、なんとなく分かっていることは理解していることとは違います。

また、中には、人の話をもう前から知っていたという態度を取る人がいます。
そういう人に限って、「なんとなく分かっている」に過ぎないことが多いように思われます。

知ったかぶりは損をします。
知ったかぶりをすると、相手の人はそれ以上話すのが嫌になって、詳しい話をしてくれません。

もしかすると、その人からもっといろいろなことを教えてもらえたのに、もったいないことです。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 306現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP