人工知能に人間が使われる日がやってくる?

いままでも、考える力、創造する力などについて、書いてきました。

さて、現在、あらゆる場面で交通整理が必要とされています。
交通整理とは、全体を見渡す眼をもって、モノゴトを目的の方向に誘導することです。
しかも、モノゴトの目的は人にしか決められません。

どんなに人工知能AIが発達したとしても、決定は人がします。
何を調べるか、などの目的設定は人がしなくてはなりません。
 
例えば、インターネットで調べたいことがあっても、必要な検索キーワードを見つけられなければ、必要なことが探せないことがあります。

便利なようでいて、自分自身に知識がないと使いこなせないということです。
 
同じことで、人工知能と言っても使いこなせるか、使われてしまうかで、
自分の世界が大きく変わるということです。

自分で物事を考える力はこれからも必須な時代。
 
もしくは、自分で考える力(発想力)が、もっと違う形で人間に必要とされる能力となるかもしれません。

 
 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 181現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP