「できちゃった発明」を「真の知恵」に変えてくれるもの

発明者は特許出願をどのように考えていますか。
特許出願は余計な仕事で、できればにかかわりたくないと考えている技術者も多いように見受けられます。

しかし、特許出願は、技術者の発明を論理的に検証することにつながります。

製品化あるいは図面化しただけでは発明が完成したとは言えません。
最後に発明が検証されて完成になります。

発明の製品化あるいは図面化は、技術者の貴重な体験です。
その体験を知恵にまで高めるのが検証です。

例えば、世の中に素晴らしい発明がたくさんあります。
その中で、理屈は分からなかったけれど、「できちゃった」といわれるものもたくさんあります。
それこそ「できちゃった発明」です。
大発明でなくても、日常の創造の世界で「できちゃった発明」は結構あります。

私どものところに特許出願をしたいと言ってお見えになる発明者に「発明の論理」を説明していただこうとしたとき、それを説明できない人が少なくありません。
これなどは、「できちゃった発明」の最たるものです。

もし、「できちゃった発明」をそのままにしておけば、その発明は偶然ということになって、発明者には知恵として残りません。

技術者には自分の発明を検証するチャンスもゆとりも少ないように思われます。
しかし、どんなに忙しい人でも、特許出願するための打ち合わせをしましょうと言えば、ほとんど人が応じてくれます。

技術者は、特許出願するときに、発明内容を自分で書き上げなければならないと思っている人が多いようです。
それは、社内の方針などもあって、技術者が自分で判断できないことかもしれません。

しかし、特許出願するときに、最も大切なことは、「自分は、この発明で本当にやりたかったことは何か」を明らかにすることです。

また、弁理士を含めて特許担当者は、それこそ発明の本質を追究します。
発明の本質とは、まさに、発明者が本当にやりたかったことです。
自分の発明を論理的に検証して、発明という貴重な体験を、自分の知恵にするのが、特許出願です。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 119現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能


 

嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP