え! 特許にも「旬」があるの?

売り上げ増に結び付かない特許を、どんなにたくさん抱えていても意味がありません。

市場は毎日どんどん変化しています。
そのため、古い特許が急によみがえって、売り上げに寄与することはほとんどありません。

特許にも旬があるのです。
旬のうちに活用することを考えなければ意味がありません。

特許出願中という立場でも、市場で活用する気持ちが必要です。

せっかくの取得した特許の旬を逃してしまうようなことがないように、活用をしてください。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 188現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP