伸びる技術者は専門分野にこだわらない

技術者にお会いすると、自分の専門分野にやたらにこだわる人がいます。

このような人は、ほとんどの場合、専門分野を盾にして、いつも逃げの姿勢に終始しています。
要するに、専門外を理由にして、できないと言っているに過ぎません。

しかし、優秀な技術者は、専門とはかけ離れたとんでもない技術にも興味を示します。
この姿勢は、技術者を大きく成長させるとともに、柔軟な発想をするときにも役立ちます。

私も、弁理士として、いろいろな技術分野にかかわってきました。
いろいろな技術分野にかかわっていると、発明のポイントをとらえるのに柔軟な発想が可能になります。

専門外にも積極的に興味を示す技術者は、自分で自分の壁を取り払い、さらに大きく飛躍しているように思います。

これは、技術者だけに当てはまることではありません。

何かにつけて、自分の専門とは違うことを理由に、仕事を拒否する人がいます。
こういう人は、自分の専門に関しても、それほど勉強していないことが多いようです。

自分の専門は大切にすべきものです。

しかし、それにとらわれると、進歩が阻害されます。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 528現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP