特許数が日本の国力の衰退を示す!?

日本の発明数は必ず減っていきます。
それを補うのは、特許戦略の質と技術者の創造能力です。

人口減少にともない、発明も減っていきます。

私は、発明人口が減れば、それにともなって発明も減っていくと考えています。
日本の人口は、今もどんどん減っています。
当然のこととして、発明人口も減っていきます。
ましてや、製造業従事者の減少が、人口減少の割合よりも大きくなっています。

このような状況の中で、日本の発明数が減るのは必然です。
ところが、発明の数は、その国の勢いを示します。
日本の発明数が減るのは、日本の国力の衰退を招きます。

だからと言って、なす術もなく、国力の衰退を受け入れるわけにはいきません。
特許力を向上させて、日本を再興すべきです。

その国の特許力は、「発明数×特許戦略の質」で決まります。
発明数が減るのが必然だとすれば、特許戦略の質の向上しか道がありません。

特許戦略の質は、3~5年先の企業のあるべき姿を描き、そこにおける特許の役割を明確にして、あるべき姿に向かって特許を集中させることです。

また、特許戦略の質を維持する土壌は、創造能力のある技術者の育成です。
特許戦略の質と技術者の創造能力とは、特許力の両輪になります。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 543現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP