「聞き出し上手」のコツ

「聞き出し上手」というときには、必ず相手がいます。

「聞き出し上手」になるためには、相手が持っているテーマを自分の型にはめて聞いてはいけません。

例えば、相手が話しているのを聞いている最中に、もう自分が次に話すことを考えているような人がいます。

相手の話を自分の型にはめ込もうとする典型的なタイプの人です。

このような人が意外と多いのではないでしょうか。気をつけて観察してみてください。

ただし、自分も同じことをしていないか、気を付けることを忘れないように。

「人の振り見て我が振り直せ」ということです。

「聞き出し上手」になるためには、相手が話したくなるテーマの呼び水を与えることです。

その呼び水をどんどんかけ続けていくことができれば、一流の「聞き出し上手」です。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 866現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP