発明者が「自分の発明の本質がわかりました」と感動するワケ

特許庁に発明を届け出るためにはまず願書が必要で、願書には明細書と特許請求の範囲というものを添付しなければなりません。

特許請求の範囲の記載は発明のポイントをはっきりさせるものですので、それを特許事務所で発明者の方と一緒に作っていくと、発明者にいろいろな「気付き」を与えることになります。

例えば、発明者の方は自分の発明をよく知っているかというと必ずしもそうではありません。自分の発明を非常に限られた範囲でしか見ていないことがほとんどです。

「特許請求の範囲」は、発明者に視野を広げさせます。

ですから、特許請求の範囲を、技術者と一緒に作っていくと「自分の発明の本質がわかりました」などと言われます。

どんなことでも本質を突き詰めていくと、いろいろなことがわかってきます。

技術者の方が何かを発明したときには、一度、特許請求の範囲を作ってみてその本質を突き詰めて下さい。必ず技術者としての能力アップにつながります。

自分の能力がアップしていることを実感すると、人生観も変わります。

実際に、私たちの事務所にお越しになる技術者は、その帰り際にはいつもニコニコされています。

もっと特許を楽しみましょう。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1199現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP