中小企業が手を出すと危険な4つの開発分野

中小企業には、手を出すと危険な開発分野があります。

以下に4つにまとめてみましょう。

 

1.ハイリスク・ハイリターンの分野

これは危険な分野の典型です。

なぜなら、ハイリターン分野というのは成功率が非常に低いからです。

もちろん、財務体質がしっかりした会社で、優れた戦略を持っていれば、問題ないかもしれません。

しかし、ハイリスクを担保するだけの力がなく、一発勝負にかけるのは、あまりにも危険です。

中には、「ハイリスク・ハイリターンでなければ商品開発ではない」と思っている社長がいるかもしれません。

そういう社長の多くは最終的に、「商品開発に現(うつつ)を抜かして会社をダメにした」などと言われることになります。

 

2.ハイテクの分野

この分野は、商品開発の「華」です。

ハイテクを手掛けていると、「中小企業なのにすごいですね」などと言われ、世間の見方も違ってきます。

しかし、ハイテクは日進月歩なので、中小企業がその進歩についていくためには、資本も人材も不足しがちになります。

結局は、ハイテクに後れをとり、取り残されてしまうことが多くなります。

 

3.お客の顔が見えない商品分野

大衆(マジョリティー)に受け入れられる商品というのは、お客様の顔が比較的見えない分野です。

ニッチの商品分野の特徴は、お客様の顔が見えることです。

中小企業は、原則的にはニッチ(隙間)の商品分野で生き残るべきです。

お客様の顔を見て開発し、お客様に支持された商品は、差別化が可能になり、大企業にも対抗していけるからです。

 

4.今までに存在しなかった商品

意外に思われるかもしれませんが、今まで存在しなかった商品は、お客様は積極的に買いに来ません。

なぜなら、お客様が商品の存在を知らないからです。

したがって、このような商品を売るためには宣伝をしたり営業マンを補充したりしなければなりません。

お客様に商品を知ってもらうのに、時間とコストがかかります。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1127現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP