「定番」「当たり前」から新たに開発するコツ

同じ開発テーマに長いこと携わっていると、その開発テーマに何の疑問も持たなくなることがあります。

例えば、「老人に対してやさしい見守り」をテーマにしたとします。

このとき、自分たちが問題にしている「老人」とは何だろうということを忘れてしまうことがあります。

さらには「やさしい」とは何だろうか、「見守り」とは何だろうかを、当然のように受け止めてしまって、それを追及せずに開発を進めてしまうことがあります。

しかし、開発テーマに応じて、老人の定義も異なるはずです。

例えば、「体は元気だけど、一人にしておくのが心配な老人」もいれば、「体も動かなくなって寝たきりの老人」もいると思います。

常に、自分たちの「開発テーマにとって」の老人とはなんだろうかを考えるべきです。

このことは、定番商品についても同じです。特に定番商品になると、それを新たに見直すことが少なくなります。

しかし、定番商品といえども、この商品は「一体何を目的に」した商品なのかをもう一度検討しなおすべきです。

そうすると、新たな視点からの開発テーマが見つかることもあります。

いずれにしても、自ら開発している事柄に、常に新鮮な気持ちで対応していかないと、よい開発テーマが見つかりません。

特に「いつもの商品」には、新鮮さを持てなくなってしまいやすいものです。

どんなものに対しても、テーマを新鮮に受け入れることが必要になってきます。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 832現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能


 

嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP