新しい「開発テーマ」を見つけられない理由

いろいろな会社からお話を伺っていて気が付くのは、「開発テーマがない」ということです。

何をして良いのか、会社自身が分からなくなっているのが現状のように思われます。

なぜこのようになってしまうのでしょうか。

その要因の一つは、新しい商品よりも、現状のコストを抑えることが「重要視」されているからかもしれません。

仮にコストダウンの目標が30%にもなれば、それはもはや既存商品とは呼ぶべきではありません。なにかが削減された、立派な「新商品」になります。

しかし、「コストダウンの現状」は3%前後のものが多く、商品としては、既存商品の域を出ないものがほとんどです。

このような状況で知恵を絞っている範囲では、斬新な開発テーマが不足するのも当然です。

また、新商品が少なくなれば、部品メーカーは自ら開発テーマを見つけることができません。

特に部品メーカーの場合には、景気の良い時代に完成品メーカーからどんどん開発テーマをもらうことができたために、今になって自ら開発テーマを見つけようとしても、その力を失ってしまっているものと思われます。

これからのビジネス社会を生き抜くためには、自ら問題と開発テーマを見つける力が必要になります。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1052現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP