言葉の意味を決めつけると創造的思考は停止する

人は、頭の中で言葉を使ってものごとを考えます。

もし、頭の中に言葉がなければ、それはボーッとしている状況です。

創造的な思考をめぐらせているときにも、頭の中には言葉が行き交っています。

このとき、言葉の意味を決めつけたとたんに創造的な思考は停止します。

つまり、その時点で創造能力が発揮されなくなります。

例えば「重い」ということを想定してみてください。

自分の思い込みで「あっそう、重いのね」と決めつければ、もうそれ以上は「重い」について考えないはずです。

しかし、重いって何だろう。

ハカリで計れば、重さは数値で把握できます。

でも、感覚的には人によって全く違うはずです。

どんな人が、どのような状況の中で「重い」と感じるのだろうか。

「一言で重いと言っても、いろいろあるな」と気がつくと、創造能力がどんどん研ぎ澄まされます。

創造能力は、ものごとの意味を勝手に決めつけないところから始まります。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1655現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP