ダメ企業の特徴。「危険な同質化集団」

企業は、目指す目的が統一されて始めて成り立ちます。

企業は、基本的に価値観を同じにする者の集団、すなわち同質化された者の集団です。

企業が目指す目的を達成するという意味で、価値観が同質化されていなければなりません。

しかし、同質化ゆえに問題も発生します。

① 異質のすばらしい問題を否定する

異質のすばらしい問題が提案されても、「そんなことできるはずがない」などといって、それを否定します。

② 同質のすばらしい問題に気がつかない

同質のすばらしい問題を提案されても、「そんなことあたりまえ」などといって、それを否定します。

企業は価値観を同質化しなければならないという目的を持っているがゆえに、異質の問題あるいは同質の問題を謙虚な気持ちで受け入れることが必要です。

社内に、「そんなことできるはずがない」あるいは「そんなことあたりまえ」という言葉が行き交うようだと要注意です。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1506現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP