特許制度のアメとムチ。20年のアメがご褒美

特許というと、「もしかすると大儲けできるかもしれないありがたい権利」と考える人がいるかもしれませんが、世の中そんなに甘くはありません。

特許制度にも、アメとムチがあります。

アメの部分は、発明を独占できる特許権がもらえることです。
ムチの部分は、特許権者以外の人に、発明の真似を奨励することです。

 

特許制度は、特許庁に出された発明(専門的には言えば特許出願された発明のすべて)を、「公開」というシステムによって一般の人に教えてしまいます。

「その発明を踏み台にしてもっといい発明を考えてください」というように、一般の人に発展的な発明の真似を奨励します。

「特許権」は、一般の人に「踏み台」を提供したことに対するご褒美みたいなものです。しかも、特許権には満期というのがあります。

特許権の存続期間は、特許出願してから20年で終了します。20年経過すると、「特許権者はアメの甘さを十分味わったろうし、発明も古くなって踏み台料を払う価値もない」ということで、お払い箱です。

お払い箱になった特許権は、存続期間の更新もできません。こうなると、誰もが堂々とその発明を真似することができます。

特許制度は、素晴らしい発明を一般の人にどんどん公開して、次のステップのための踏み台を提供する一方で、ご褒美として、20年間はその発明の独占を認めるというシステムです。

 

特許制度がまだない明治初期の時代に、素晴らしいものを発明した発明者がいました。

彼はこの発明品を、いろいろな人が出入りする通常の工場で作ればその作り方がすぐにバレてしまうと考え、なんとか人にバレないように作れないか思案したあげく、その発明品を刑務所で作らせることにしたそうです。

技術は人の発明の「真似」というかたちで、それを踏み台にして発展するものです。ですから、発明を一般に公開することは、技術の進歩に役立つことになります。

特許制度は、特許権というアメをちらつかせながら、技術の公開を促す制度です。ですから、特許出願する前に人に教えたり、雑誌や新聞などで公開してしまったりした発明は、踏み台としての価値がなくなったものとして、特許が与えられません。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1601現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP