知財担当者は、発明者をワクワクさせながら発明を聞き出せ

発明者は、毎日「あ~だ、こ~だ」と考えながら発明という一つの結論に到達します。

そして、どんな技術者でも自分の発明を語りたがっています。自分の発明を褒められれば、それこそ楽しそうな顔をして、発明に至る苦労話をしてくれることが多いものです。

しかし、それも聞き手によります。

 

聞き出せれば特許ネタが見つかる

聞き手が難しい顔をして、特許の専門用語を連発していれば、技術者は自分の発明を語るのも面倒くさがります。

発明者をワクワクしながら話したがる様にさせるコツは、発明にいたったプロセスを根気よく聞いてあげることです。

プロセスを根気よく聞いていると、そこに特許ネタが潜んでいることもあります。

そんな特許ネタを探し当てると、「え~!そんなものが特許になるの」と言って、目を輝かせる人が意外と多くいらっしゃいます。

 

大切な姿勢は「ともに考える」こと

また、技術者から発明を聞きだすときに、説明だけを求める人がいます。

しかし、技術者と「ともに考えましょう」という姿勢で接すると、技術者はいろいろなことを考えてくれます。

「そうか。そんなやり方もあるな」などと言って、その場で考えたアイディアをどんどん絵に描いてくれます。そして、とてつもなく素晴らしい発明に行き当たることがあります。

このときにも、技術者の目は輝いています。そして、一日があっという間に過ぎてしまうような、充実した時を過ごすことになります。

もちろん、聞き役にとっても充実感に満ちたものになります。

 

▼知財担当者の悪い聞き方

こんなじゃ、特許取れないよ。もっと特許が取れそうなところがないの?

こんな質問に対して、技術者がただ単に図面を見て特許ネタを探そうとしだしたら、もうダメです。図面を見るだけでは特許ネタなど出てこないからです。

▼知財担当者の良い聞き方

こんなんじゃ特許にならないな~。でも、製品としてすごくいいものだと思うよ。なんとか特許が取れるネタを探そう! そうだ、開発している途中で、ものすごく苦労した点はない?

こんな質問をすると技術者は、開発の過程を映像的にイメージして考えるようになります。映像がイメージできれば、発明者の頭の中はどんどん発展します。人はアナログ的に物事を考えるからです。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1471現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP