ヒット商品は200%頭の中で作られる

「開発」と言うと、実験をやったり試作品を作ったりする光景を思い浮かべるかもしれません。

しかし実際には、そのほとんどが頭の中で生み出されたもので、実験とか試作品作りとかは、頭の中のアイディアを検証しているに過ぎません。

頭の中で作るべきものは、新商品の「概略」です。それこそ概略でいいのです。その概略が出来たら、その商品はどのような人にどのような価値を提案して、どのように利益を得るかをはっきりさせることです。

要するに、商品の戦略をイメージし、その価値を徹底的に追求するとともに、その販売形態を考えて仮説的なビジネスモデルを構築することです。

このビジネスモデルが商品コンセプトになります。

商品コンセプトがまとまったら、あとはそれを検証するだけです。このような開発形態が、逆算の開発です。コンセプトを先に決め、そのコンセプトを実現するために今何をすべきかを決める開発です。

そして、実験や試作品作りは、現場における力勝負の世界になります。

この開発の仕方は、サービス業でも同じです。まずは商品コンセプトをはっきりさせ、その後に力勝負に挑むべきです。

こうした「逆算の開発ステップ」を踏まないと、なかなかヒット商品は生まれません。

コンセプト作りは、200%頭の中で作り上げるものです。そして、コンセプトさえできれば、あとの力勝負の世界は、それこそ何とかなるものなのです。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1518現在の記事:

最近の記事

  1. 2019.05.8

    塀の機能


 

嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP