販売に活かせない特許は意味が無い

特許の専門家は、よく強い特許を取るのが使命のように言います。

しかし、いくら強い特許が取れたと言っても、それを販売に活かせなければ意味がありません。

例えば、昔、頭のいい美容院の経営者がフランスの特許をとりました。

フランスの特許制度は、1968年まで無審査主義と言って、出願されたものは全て許可されていました。

そこに目を付けたのが、頭のいい美容院の経営者です。

フランスに特許出願をしたので、当然のようにフランスの特許庁から特許証が届きました。

その特許証を美容院に飾って「当店の技術はフランスで特許を取ったものです」と宣伝しました。

いかがですが。

これが「中国で特許が取れた技術です」というのでは、美容室の宣伝効果に格段の差があるのはお分かり頂けると思います。

強い特許を取るための知恵と特許を販売に活かす知恵とは、全く別のことです。

何が何でも特許を販売に活かすという考えがないと、特許を活用できません。

私どもベル特許事務所では、特許を販売に活かすコンサルティングをしています。

特許を取ってもちっとも儲からないと悩んでいる方がいらしたら、一度相談にいらしてください。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 2028現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP