特許事務所の知恵②「文章にまとめる」

聞き出した発明者のアイディアを文章にまとめる知恵。

これは弁理士がもっとも自慢して良い知恵だと思います。

実は、文章にまとめる能力がついてくると、物事を体系的にとらえる能力も身についてきます。

この能力は、発明が行き詰まったときやその発明をさらに発展させたいときに大いに役に立ちます。

特許事務所には、自ら発明する能力はありません。

しかし、その発明をいろいろな角度から検討して、どんどん発展させることができます。

自分の発明をもっと別な角度からとらえて欲しい、発展させてほしいときには、ぜひ特許事務所に相談してみてください。

違う角度からの「新しい発見と発展」があるかもしれません。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 2081現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP