これからの弁理士業務

弁理士が特許を取ることばかりに目がいってしまうと、視野が非常に狭くなります。法律と特許庁の方針ばかりに気をとられてしまうからです。

これからの弁理士に必要なのは、特許を取りたい企業に貢献することであり、技術者を支援することです。

技術者の支援には、特許明細書の活用をお勧めします。

頭の中に、どんなに素晴らしいアイディアや知識があったとしても、それを体系化できなければ、使い物になりません。

特許明細書は、アイディアを体系化するための最高の手段となります。

特に、特許明細書の中で、特許請求の範囲を考えることが、アイディアを体系化する上で有効です。

 

関連記事

新刊紹介

この記事が読まれた回数

  • 1842現在の記事:

最近の記事

公式メルマガ『ベルマガ』ご登録




嶋 宣之 ウェビナー集

▲中小企業が特許で儲ける方法
 

▲「特許」で頭脳を活性化させる方法
 

▲「特許」で自社を守る方法
 

▲中小企業の「特許」の意義
 

PAGE TOP