ごあいさつ

はじめまして。私は40年以上にわたって特許事務所を経営している弁理士です。

私には、多くのお客様のお役に立ちたいという強い思いがあります。

まず、特許を取るのは何のためなのか。

私は、「夢の実現のため」だと考えています。

 

特許の原点は、「自分の発明で儲けたい」あるいは「自分の発明を世間に認めてもらって、さらに技術者として自分を成長させたい」ではないでしょうか。

そこで、当事務所の基本方針を「企業には成長と変革を実現するお手伝いをし、発明者には自己実現の欲求を満足させるためのお手伝いをすること」とし、「特許出願計画の作成」と「発明をすることの素晴らしさ及び発明を単に物として見るのではなく価値として見ることの提案」を実践しています。

また、「どのようにご提案したらよいか」も体系化しております。

お気軽にご相談ください。

 

関連記事

PAGE TOP