1. 特許で利益を得る

    特許は「道具」として経営にどう使うのかという目的を明確にしなければなりません。特許は経営のために作るもの。そして「儲け」に繋げるには、特許によるナワバリ作りに専念しなければなりません。
  2. 特許で活性頭脳を作る

    検証して行く中で頭がものすごく働いてアイディアはどんどん具体化されていきます。「自分の考えていたことはそういうことだったのか…!」となり、自分から積極的にどんどんアイディアが出て来るようになります。
  3. 特許で自社を守る

    特許の期限が切れた途端にライバル達が現れ、その時に初めて「特許があったからライバルが出て来なかったのか」と気付くのではもう遅いんです。特許を取っている段階からそういうことを想定して、その商品の延命策を考えておくのが大切です。
  4. 特許の意義がわかる

    アイディアが出来たから、なんとなく特許を取っておこうということではほとんど機能しないもの。特許をどうして取るのか。お客様対策なのか、市場対策なのか、ということを考えながら特許を取るか取らないかを決めていただきたいと思います。

稼ぐ力のある特許脳で社長力をアップ

中小企業にとって「特許」とは何か。どうすれば会社の利益になるのか。
どうして「特許」で会社が守られるのか。何をすれば「特許」を取る意味があるのか。

「特許」を考えれば考えるほど、技術者や経営者の頭脳は活性化されるのです。

News Info

イベント・セミナーや、出版、更新にまつわる情報をお伝えします。最新情報をお見逃しなく!

  1. CONCEPT

    特許を「道具」として捉え、目的意識を持って利益につなげ、発明者を守るととともにさらなる成長と発展を促す、「面」で固める特許活用法をご提案いたします。

  2. PROFILE

    「え、こんなものが…!?」を特許にしてしまう、“匠”の特許師・嶋 宣之。ディスカッションを通して得られる新たな発想とアイディアの具現化を「見える化」するエキスパートです。

  3. SERVICE

    柔らかい頭を創造し、「特許出願」「商標登録」「国際化」「マーケット開拓」のために訪れてほしい事務所です。発想段階でもまずはお気軽にお問い合わせください。

Blog

特許・商標に関すること、活性頭脳のつくり方、特許活用の秘訣などをお届けします。

ブログ一覧
PAGE TOP